内職 確定申告に関する情報

確定申告特集 早めの準備をしてしっかり対策を!!

このページでは内職にかかる税金の説明を行っています。

人それぞれ税金のかかる基準が違ってきます、主婦の方と会社勤めのサラリーマン

とでは税金の基準が違います。その他にも経費として落とせるものの一覧を掲載

しています。

 

   内職税金 主婦の場合     内職税金 サラリーマンの場合

 

       ネット内職で経費として落とせる物一覧

 

・プロバイダー代

 

パソコン代

 

パソコン等の周辺機器代

 (プリンター・デジカメ・マウス・キーボード)等々 

 

・電気代

 

・水道代

 

・交通費(バス代・電車代・タクシー代)

 

・参考書代

 

・文房具代

 

・銀行等の振り込み手数料

 

・修理費代

 

 

          領収書は取っておきましょう

 

内職をするにあたってかかった経費の領収書は必ず保管しておいてください。

無くしてしまった場合は経費として認められなくなる場合があります

 

 

         確定申告の時に会社にバレない方法

会社勤めの方が普通に確定申告をすると同じ給料の人と比べて住民税が多くなり

経理の人にばれる可能性が高くなります。バレないようにするには

給与所得以外の住民税の徴収方法の選択の欄で「普通徴収」を選択してください

本人に直接、徴収票が届くのでバレる事はありません。